・ Theme SS ・

□『きっと、彼なら』SS 4編
1ページ/4ページ

きっと、彼なら 〜普通編〜








「そういえば」

 お客さんのいない珊瑚礁。

 マスターは用事を済ませに外に出て、今は佐伯くんと私の二人きり。

 まだそんなに仲良くないため、気まずさから窓の外を眺めていた私は、ふと思い立って口を開いた。

 気だるそうにカウンターにもたれながらも、こまごまと手近な小物を磨きながら、佐伯くんは視線だけを私に向ける。

「…………。」

 その顔を見た私は、続けようとしていた言葉の代わりにため息を漏らす。

 そりゃあ佐伯くんは珊瑚礁でも学校でも常に猫かぶり続けてるし、しかも今日は一学期期末テスト明けのバイト中で、いつもより疲労感が漂ってるのはわかってるよ?

 だけど……いくらなんでも、そんな死んだ魚のような目で見られたら、なんか会話する気も失せるってもんだ。

「……なんだよ?」

 きわめつけに、不機嫌極まりない声音。

「なんでもないですー。」

 私はちょっとだけムッとして、会話するのを諦めた。

「あのなぁ。言いかけてやめるなんて卑怯だぞ?」

「卑怯って……ツマンナイ話だから、もういいよ。」

「やめるくらいなら最初っから言うなよ。気になるだろ?」


 佐伯くんの目に無意味に強い光が宿る。意地でも言わせてやる、とばかりに、もたれかかっていた姿勢まで正して、私に向き直ってくる始末。



 ……ほんと、子供だ。この人は。


 少し呆れながらも、そんな佐伯くんが可愛くて、私は思わず笑みを零した。

「……生意気な。」

「いたっ!」

 途端、チョップが飛んできた。

 私は驚いて頭を押さえながら目を瞬かせる。

「これ以上痛い目にあいたくなければ、さっさと話したほうが身のためだぞ?」



 不意をつかれた気がしたのは、私と佐伯くんの距離が離れていたから。

 ついさっきまであんなに遠かった気がしたのに、佐伯くんの長い足と長い腕は、ほんの一歩でそれを越えてきちゃうんだ。


 なんだか嬉しいような恥ずかしいような、とにかく胸の辺りがこそばくなってしまって、ふいっと顔を背けて言葉をつむぐ。


「……今日は七夕だったなって。」

「……なんだ、そんなことか。気にして損した。」


 佐伯くんは呆れた様に眉を寄せて、ため息をついた。


「だから、ツマンナイことだって言ったのに!」

「ウルサイ。気になるような言い方するオマエが悪い。」



 また飛んでくる長い腕に反射的に目を瞑って、ふと思った。


 佐伯くんなら、二人の間をさえぎる天の川も、こんな風に簡単に越えてきてくれるのかもしれないな……


 なんて、見事にチョップをくらいながら思うことじゃないよね……。









-------------------------------

何か書かねば!と
思いつきのまま書きなぐってしまったSS(反省)

なぜ七夕イベントがないのかな〜と(メットン氷上あたり)思ったら、毎年テスト中だったためと判明

 瑛の「そんなことか」という、素っ気ない反応は、普通状態だからだと思います。
友好・ときめきなら、ちゃんと会話がふくらむはず!
08/07/07



次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ