木ノ葉の舞


世界は廻転する

太陽に触れるたび

月が迫ってくる

瞼を閉じていても

私は眩しい光を遮ることは
出来ないのです

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ