short

□わたしのカミサマ
1ページ/1ページ

 彼女は、空想の世界が大好きでした。
 魔女や海賊、剣と魔法、伝説と冒険の世界。
 願いが叶う魔法の杖を求めて砂漠を旅する一行や、三人の子分と魔法ネコを連れて冒険する海賊の少年。
 そんな物語を綴った本を読むことが、何より好きでした。

 彼女は、歌うことも好きでした。
 テレビやカセットテープ、両親が好んだアーティストのCD。
 お気に入りの曲を何度も聴いて、メロディーに合わせて小さな声で歌うことが好きでした。

 大人になった彼女は、今でも大好きな世界の事を歌ってみたいと思いました。
 小さい頃に繰り返し歌った曲の中からひとつ選んで、物語を考えました。
「色とりどりの、甘く優しい涙を流したカミサマ。
 嬉しい時も悲しい時も、いつも泣いてばかりのカミサマ。
 じゃあそのカミサマは、一体いつ、笑ったんだろう?」

「お父さんとお母さんには内緒だよ」
 彼女はそう言って、作った曲を小さな男の子にこっそり聴かせました。
 それはきっと、彼女と男の子が初めて共有した秘密でした。
 曲を聴いた男の子は、ある時彼女に尋ねました。
「泣き虫カミサマって、おれのこと?」
 男の子は、自分がよく怒られて泣いてしまうから、彼女がそれを歌にしたのだろうと思ったのです。
 自分を見上げて答えを待つ男の子に、彼女は思わず笑いました。
「さあ、どうだろうね?」
 おもしろそうに、彼女は答えをぼかしてしまいました。
 そして彼女は、泣き虫なカミサマの小さな頭を少し乱暴に、それでも優しく撫でたのでした。



*わたしのカミサマ




Beat de Pon! 2015
パンフレットに掲載。「ましろのうた」収録の「ドロップ」の話。
160708

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ